FC2ブログ

VSロア=ア=ルアな十三班 2nd



「真っ白キャンバスにレインボー!!」

キュオオオオン……

「あーあ……ベタベタにしちゃって」

「うむ、いっそ帝龍が哀れに見えてくる」

「あ!動いちゃダメだよロア君!!
 今君は私のキャンパスなんだから~♪」

きゅ、キュウウウウウウ……

「あ、なんか帝龍小さくなってる?」

「む?本来の色を奪われたことで力が弱まりでもしたか?」

「そんなめちゃくちゃな……昨今のギャルゲも基本何でもありだがそれはさすがに何でもありすぎないか?」

「ハハハ、冗談だ」

キュッ……キュウン……

「アハッ♪くすぐったいよロア君!
 かわいいなー!よーし、ダリアさんが君をペットにしちゃうぞー♪」

キュウン♪

「……あの絵の具あんな効果もあるんだな。
 ……こりゃ軽く問題になるな」

「まぁ大丈夫じゃないか?
 一応帝龍としての力は感じないし……ダリアさんが楽しそうだしいいと思う。
 自衛隊や上の方にも私が掛け合っておこう。
 何、心配することはない。なんたって私は生徒会長だ」

「まぁメダカがそういうなら大丈夫だろ。
 じゃあ問題はひとつだけだな」

『あの絵の具でベタベタになった龍を連れていくと都庁の床が虹色になってしまう』

「あはは!くすぐったいよ~」

キュン♪キュウン♪




















「というわけなんで帝龍飼います」

「ファッ!?」

ロア=ア=レインボーが仲間になった !



















キュウゥゥゥゥゥン……

「ふぅ……ようやく一息つけるぜ……」

「あはは……いつ見てもそのバス停には慣れないね……」

「そうか?
 使ってみると結構やりやすくていいぞ。
 以前はでかいハンマーとか使ってたんだが……無くしちまった」

「コー……(非常識な武器だぜ)」

「なんかあたし達が眼、見えなくなった間にやってくれたみたいだけどどうやったの?
 あひゃひゃ☆まさかあてずっぽとか?」

「そうだが」

「え?」

「ひたすら前進して全体攻撃をぶちかました。
 外したら襲いかかってきたけどどうでもいいからとりあえずアカシャアーツしてデスバウンドしての繰り返し」

「え、それって……」

「促進なかったら即死だった……」ドサ

「きゃああああああああああああああああああああ!!!
 い、119ゥ~~~ッ!!!」

「コ、コォーーー!!!(落ち着けハンソデェ!!)」











「これにこりたら無茶はしないでくださいね?
 アオイちゃんとの約束です!」

「……約束はできねぇ……が、善処する」

「それ結局守らないじゃないですか!!」

「わかったわかった」
















キュオ……!?

「暗くて見えないなら……当たる攻撃をすればいい。
 目が見えないのなら、もう一つ目を作ればいいつまりはそういうことだ。
 視神経はつながった。第三の眼、開眼」

「悪いがどれだけ暗かろうが攻撃を外しゃしねえぜ。
 俺をいくら暗闇にしたところで、俺じゃない俺には届いてねえ」

「答えが分かるってのは便利なもんでな。
 今、お前の位置に対する答えも、すでにわかってる」

『まぁつまり、お前にとって最悪の相手だってことだ』

「まぁ多分ガアラだけで十分だ。
 俺たちはバックアップに回ろうぜ」

「あぁ。
 ガアラ、あとは任せた」

「わかった。 
 では、終わりにしようか」

キュ、キュウゥゥゥゥゥン!?

「流砂瀑流」













「ついでに砂漠大葬」ズズゥン

「(ついでにしていいものなのかそれは)」

「(なんか地震起きてるんだけど)」






















みなさんお元気?
セブドラ2020ももう2がかなり前にでてるっていうのにまだ2020ネタだよ。
こないだだか結構前だかに3が出たらしいね。欲しいけど金がない。
2020Ⅱのやつも気が向いたら書こうかなと思いますのでね。こんなセリフしかないやつを読んでくださる方がもしいらっしゃいましたら気長にお待ちいただければと思います。
ではこれから闇系の仕事があるので。
スポンサーサイト



VSジゴワットな十三班 2nd



「ったく……ボクのゲーム時間を削るような真似をするからそうなる」

「おおぉ~!」

「ケイマ、お前またハッキング速度が上がったのではないか?」

「お前たちに着いていかなくちゃならないんだ。
 一瞬で全砲台のコントロール奪取くらいやれなきゃ意味がないだろ。
 そもそも今見たから、お前もできるはずだぞメダカ」

「いや、“完成”もそこまで万能ではない。
 もう少しじっくり見ねばわからん」

「ねぇねぇ!見てこれ!
 レインボーレールガン!」

「……ハァ。
 好きにしてくれ……ボクはここでゲームをしてるから。
 帝龍戦は任せた」

「うむ!
 今日も可愛いドラゴンと触れ合えると思うと血湧き肉躍る!」

「これ持ってっていいかなぁ……いい感じに仕上がってるのよね……。
 これ武器にしてもいいかなぁ……」

「良い!
 私が許可する!」凛ッ!

「やったー!
 いっくぞー!ドラゴンー!」

「……テンションについていけないな……あぁ、よっきゅん可愛い……!」






「この日のために自衛隊を動かしてきたのだけど」

「……大赤字ですね」



メダカは“超電磁砲”を覚えた!

ダリアは武器“レインボー超電磁砲”を手に入れた!













「あひゃひゃひゃ☆
 いけー!コータスー!」

「コォォォォォォォォォォォォォォォ!!!」

コータスの“限界突破炎熱(リミット・オーバー・ヒート)”
効果は抜群だ! ▼

「おいおい……調子に乗ってぶっぱなしまくるとやべーぞ……?」

「大丈夫ー!
 あたしの“正喰者(リアルイーター)”で作り出した能力が数発ぶちかました程度でどうにかなるとでもぉ?
 もっとえげつないことになるから楽しみにしとけよっ☆」

「……不安だ」

「コー(俺はそうでもない、滅茶苦茶調子がいいぜ?)」

「あひゃひゃひゃ☆
 そういうのいいからはやくいこうぜ!
 都庁でご飯があたしを待っている!」

「ま、今日は援護に徹するか……」

「コオオオオオオオオオ!!!」

コータスの“煉獄世界”!
効果は抜群だ! ▼



「一瞬にして砲台が灰に……」

「怖すぎっす……」


コータスの“オーバーヒート”は“限界突破炎熱(リミット・オーバー・ヒート)”へと変化した

・全能力値が六段階下がる
・威力580

コータスの“れんごく”は“煉獄世界”へと変化した

・威力300
・やけどになる確率100%
 確率30%で一撃必殺
・全能力値が二段階下がる

コータスの特性“しろいけむり”は“魔っ白な霧(マーギアー・ヴァイス・ネーベル)”へと変化した

・能力上昇の限界突破が可能
・能力変化効果が反転
・変化した能力は戦闘終了後元に戻らない











「甘い!」

「オラァ!」

ギュオオオオオオオオオオン!!!

「超電磁砲が来るぞ!
 ガアラ!」

「わかった!」

“砂縛柩”!

ギュオオオオオオオオオオオオオオオオオッ!!?

「よし!超電磁砲が暴発した!ジョウタロウ!
 今のうちに間合いを詰めて腹に潜り込め!
 ガアラは砂で援護を!」

「やれやれ……よっと!」

「まかせろ!」

「さぁ、派手に行かせてもらうぜ……」


オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオォォォォォォラァァァァァァァァァァッ!!!

ドゴドゴドゴドゴドゴドゴォッ!!!




ジゴワット

オラオララッシュにより死亡
リタイヤ


「今のナレーションは一体……?」

「ジョジョーッ!
 かっこいいですよーっ!」

































“正直者”が便利ですごいと思いました(小並感)

12月に入ってしまいましたが、みなさまどうお過ごしでしょうか。
私はとても寒い日々を送っております。
金がないので一日二食という完全に痩せにくい体質まっしぐらな生活を送っております。
早く給料日になれ。
お粗末さまでございました。

VSウォークライな十三班 2nd



「そらそら、どうした帝竜!
 もっとあがいて見せろ!
 それを!私は全て受け入れる!!」

GYUOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!!

「ハハハハハハッ!!!!!
 もっと!もっとだ!可愛いドラゴンよ!!」













「あいつ、ドラゴンも守備範囲なのか……」

「ん、完成!」

「……?
 あ!ダリアお前!!!
 またPFPを虹色に塗りやがったな!!」

「素敵でしょ?」

「どこがだっ!?」

めだかが“ギガブレイク”を覚えた。








「コピー能力?」

「デストロイヤーにしては迎撃スタンスを使わないし……なんだこいつら」


















「ハンソデ!
 真面目に戦え!!」

「え?無理無理!
 あたし、戦えないもん!!」

「コォォォォ!!!!」

「畜生……!
 人選ミスだろ……これ……!
 カストール!!」パキィン!

「あひゃひゃひゃ!!
 がんばれー!」

「コォォォォオオォォォォォッ!!!!」

コータス は オーバーヒート を はなった ! ▼
こうかはいまひとつのようだ ……。

「……コー……(すまん)」

「デッドエンドォ!!」(半泣)























「あの女の子は何故この班にいるんですか?」


「ちゃんと才能はある……はずなのよ?」































「その程度か……」

「やれやれ、とんだ初陣だぜ……」

「よ、避けるので精一杯だったんだが……」

「まぁ、気にすることはない。
 しっかりと余裕を持ってあいつを引きつけておいてくれただろう?
 それだけでも十分戦力になる。
 あとは俺たちがやるさ」

「((っていうかお前のそのリーダーシップは何!?))」

「腹が減ったな」

「(どっかの軍隊の隊長でもやってたのかこいつ……)」

※軍隊どころじゃありません。

「(砂……犬を思い出すな……)」

「(今日の飯は何かな)」


















「体中砂まみれだぜ!
 ぺっ!ぺっ!」

「髪の毛がごわごわするっす……」

VS真龍な十三班



「真龍だかなンだか知らねェが……相手が悪かったなァ」

「全くだ……フェイト、帰るぞ」

「あ、うん……どうしようこの子。
 真龍から出て来たんだけど……」

「アァ?犬ゥ?知らねェよ。
 なンで龍から犬が出てくんだよ」

「お前の好きにしたらいいさ……何かあったら俺が守ってやるから」

「……うん!
 名前を付けなくちゃね……あ、アルフとかどうかな?」

「目の前でいちゃいちゃすンの止めてくンねェかな……」









これが、フェイトの使い魔誕生秘話(大嘘)








「砂漠牢」

サァァァァア…………!

「砂時雨」

ドドドドドッ!!!!!!

「流砂爆流」
「砂漠大葬」

「当該対象周囲の砂を硬化」

「空気中の砂鉄の情報連結を解除」

「命名するなら……砂鉄筵(さてつのむしろ)」

ガガガガガガガガガガガガガ!!!!!!

「スタァァライトォ!!!!!」

『Breaker』









「クソオオオオオオ!!!!!
 不幸だぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!」

グオォォォォォォ!!!!!!

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

「来るなドラゴン共ォォォォォォ!!!
 上条さんは爬虫類に追いかけ回されて喜ぶ性癖は持ち合わせてません!」

「オォォォォォォ!!!!!
 加速しろ!俺!」

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド……………………!











「あれ?
 ここは……どこでしょう?」

「な、渚?
 今度はお前か?」

「あら、私もいますよ朋也さん♪」

「ちょ、早苗さんまで?
 まさか……」

「おう、また会ったな小僧」

「おっさん……。
 あんたまだ人龍なのか?」

「ん?
 あぁ、なんか戻らなくてな」

「えっと、その、その羽とかカッコイイと思います!」

「素敵ですよ、秋夫さん♪」

「ふっ、どうだ小僧。
 これが父親と、馬の骨の差だ」

「誰が馬の骨だ誰が」

「そ、その前に、あのドラゴンさんをどうにかしないといけないんじゃないですか?」

「あ、あぁ、やってくれるかな?
 トモヨとミコトもちょっと限界みたいだし……」

「何いってやがる……お前も行くんだよ」

「はぁ!?
 何の戦闘力も無い俺になにをしr「おらっ!」むぐっ!!」

もぐもぐもぐもぐ……。











































「いってくださいっ!だんごさんたちっ!」

「お前にレインボォォォォオォォォォォォォォォォォォ!!!!!!!」

「私のパンは……私のパンは……!
 世界を破滅へ導くんですねぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!!」

「岡崎サイコォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!!」





























「何、あの人龍の群れ」

「流石トモヤだな!
 人龍になれたのか!」

「あのっ、ボクってなんでここにいるんだっけ?」

VSミズチな十三班



「…………来たわね。」

「あァ、来てやったぜクソババァ……。」

「そうカッカしないでよ。
 最期位笑って死んだらどうなの?」

「人間じゃなくなったからって、俺らに勝てると思ったならとんだ早とちりだな……ナツメ……いや、人竜ミズチ。」

「ナツメさん……どうしてこんな……。」

「ふふふ……あなたにはわからないわ。
 才能溢れるあなたには。」

「何度もっと強くなりたいと願ったか……でもダメだった。
 所詮ランクA……よくて器用貧乏ですものね。」

「だから……竜になったってのか?」

「えぇ、そうよ。
 それ以外に理由があって?」

「……神ならぬ身にて天上の意志に辿り着く者……ってか……馬鹿馬鹿しい……。」

「それは違うわね……。









 私はもう……神なのよ。」

ゴォォオォォォオ……!

「なんだありゃあ……!」

「あなた達相手に遊ぶも何も無いわ……私の全力の火球……どこまで耐えられるが楽しみね。」

「ラグナ!」

「フェイト!」

「ク……クカ……クカキケコカカキクケキキコカカキクココケケケコキクカクケケコカカァァァァァァァァァァァア!!!!!
 いいねいいねェ!話が早えェ!
 テメェの帝龍としての力とォ!俺達の力ァ!どっちが上か……試してみやがれェ!」

「フェイト!アクセラの後ろに!」

「うん!」

「死になさいっ!」









ゴォッ!

「な……っ!?」

「俺様は一方通行(アクセラレータ)……あらゆるベクトルを操ることが出来る……。
 テメェの火球を反射して、加速させるなんざァ楽勝なンだよ……。」

「あァ、それと、冥土の土産をくれるってよ。」

「ブラック・オンスロート!」

「ガッ……!」

「オォォォォォォォォォォォォ!!!!!!」

「雷光……一閃!」

「プラズマザンバー……ブレイカァァァァァァァァァァァ!!!!!」

ズガァァァァァァァァァァァァァアン!!!!!!









「テメェが敵対した時点で、テメェの敗北は確定してたンだよ……クソババァ……。」

「じゃあな。」









「アイテル、俺が竜になった意味。」

「かっこいいわタケハヤ。」

「……なら……いいか。」









「ふぅ……。」

「無惨。」

「出て来て一秒でスターライトブレイカー3連発とは……。」

「映画版だと街一つを壊滅させたらしい……。
 しかも幼少期。」

「いまだと……多分星がやばいな。」

ぽん

「頑張れ“幻想殺し”(イマジンブレイカー)。」

「いやいや、対有機生命体ヒューマノイドインターフェースさん、あなたの出番でせう?」

「「……。」」

「そんな状況にならないと、カミジョウさんは信じてます。」

「あなたが信じるなら、私も。」

「トウマくーん!
 ユキちゃーん!
 お仕事終わり!帰ろー!」









「だから俺が竜になった意味。」

「凛々しいわタケハヤ。」

「そ、そうか?」

「うんうん、かっこいいよタケハヤっ!」

「ネコ、病み上がりなんだからあまり暴れるな……。」











「教えてやろう……!」

「お、オッサン!?」

「早苗パンには2つ種類がある……!
 一つ、人体に影響を及ぼすパン。
 主にレインボーパンなんかがそれだ……。
 2つ……人体を、進化させるパン……!
 名付けて、レボリューションパン!」

「な……!
 この輝きは……!」

「眩しい……トモヤの方から?」

「どうしたと言うんだ……一体……?」

「行くぞ!
 早苗の美しさ!貴様らに教えてやろう!
 俺は、大好きだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

もぐもぐ……!

「お、オッサン!
 なんて馬鹿なことを……!」


















ドクン……ドクン……!

「早苗……愛してるぞォォォォォォォォォォォォ!!!!!」

「あれは……まさか……人竜……?」

「お、オッサンが人竜に……!」

「行くぞ……この世界とその住人に……幸あれ。」





































「私のパンは……私のパンは……!」

「人を人ならざるものへと変えてしまうんですねぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」

「俺は大好きだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!」
プロフィール

めたるみーと。

Author:めたるみーと。
アニメやゲームのキャラを自分の子供に勝手に認定するめたるみーと。(フリーター)です。
嫁?なにそれおいしいの?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR