FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムラクモ機関の主力部隊十三班の休日6

「…………」

「…………」

「…………」

「((この空気は何なんだ……?))」

「(ようやく慣れてきたと思ったこのチーム編成。
  何故ここまで沈黙が続く!?)」

「(いや、わかりきってる。
  “答えを出す者”使わなくてもわかりきってるさ)」

「…………む」

「「((お前のせいだ……!))」」

「(なんだそのひょうたんは……新手のスタンドか!?
  だが、俺以外にも見えているし、実際コイツが戦ってるところも見ている。
  こいつはスタンド使いなんかじゃあねー……)」

「(人に向かって“答えを出す者”とか道徳的にどうなのと自分に言い聞かせてもうどのくらいたった。
  俺は、俺はこのチームのコミュニケーションを円滑にするために、一人の人間の中身を丸裸にしなければならないのか!?)」

「(幸いにして、キヨマロとは少しばかり交流があるが、俺たちはチーム。
  最低限の交流を取らなければチームはやっていけない……!)」

「(ジョウタロウとは交流はあるが、それでは中学時代の俺の幕開けだ……!
  三人の中に一人仲間外れがいまーす!じゃねえだろこのバカ野郎!
  一人だけハブるわけにはいかんだろうが!!)」

「(しかし、ここまで沈黙が続くと……やはり誰かが話題提供役となるしか……できる!?
  俺のキャラじゃあねー……こんなことはコミュニケーション能力の高そうなキヨマロに任せるしかっ……!)」

「(も、元天才ぼっちを甘く見るなよ……!
  話題なんてないぜ畜生!
  っていうかなんでこんなに考え込んでるんだ俺は!!)」

「「((誰か!なんとかしてくれ……!))」」


















「……飯……」

「「!?」」

「……食材セットはあるが……何弁当がいい」

「……あ、あぁ……やってくれるのかガアラ」

「お、俺はからあげ弁当かな!!
 スマナイな、やらせちまって。」

「いいや……きにするな……」

















『((あれ、意外と仲良くなれそう……))』




















登場人物紹介

キヨマロ→おこると怖い熱血天才キャラ。
     冴えわたる頭脳!公式チートの“答えを出す者”が今日も行く。
     金色のガッシュ!より、高嶺清磨。中の人は櫻井孝宏さん。

ジョウタロウ→趣味は相撲観戦のスタンド使い。
       実は高校生な厳ついアイツ。
       ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズより、空条承太郎。中の人は小野大輔さん。

ガアラ→一尾の人柱力で風影。
    かなりのお偉いさんだが黒歴史持ち。
    NARUTOより、砂漠の我愛羅。中の人は石田彰さん。







我愛羅出せた!やった!
スポンサーサイト

ムラクモ機関の主力部隊十三班の休日5

そんな気分だったので、書いていきます
期待すんなっ☆





























「あー、暇暇暇暇ーっ!!」

「うっせぇな……ちったぁ静かにできねーのかよ……」

「だって暇なんだもん。
 ねぇねぇ、何か食べに行こーよシンジ!!」

「あぁ?お前さっきからフライドチキン食ってただろ……あぁ、そうか。
 お前まだたりねぇんだな?」

「ピンポンピンポ~ン!!
 ごめーとー!!
 正解者にはあたしに食べ物をおごる権利をあげるーっ!」

「わかったからそんな騒ぐなハンソデ……はぁ……また財布がすっからかんだぜ……」

「コー?(おい、俺の餌の分残してあるんだろうな?)」

「ん?大丈夫だコータス。
 お前は心配しなくていいさ、ちゃんとお前の餌も買ってやるから」

「コー(ま、当然の報酬だな)」ウンウン

「結構前から思ってるけど。
 お前、なんか老けてるよなぁ……」

「今のうちにシンジ払いで豪勢に食事だーっ!!」

「あっ!テメーふざけんな!!
 カストール!!」パキィン

「ヒャハハハハハハハ!!!
 そんなんじゃつかまんないぜー☆」ぽきゅぽきゅぽきゅ

「コー(やれやれだな……)」


















一応中の人

シンジ→みんなのおかあさん。ペルソナ3より、荒垣真次郎。中の人は中井和哉さん。

ハンソデ→大食いロリにして“正喰者”のエアおっぱい。めだかボックスより、不知火半袖ちゃん。中の人は加藤英美里さん。

コータス→みんな一緒にオーバーヒート!とくこうががくっとさがった!▼ポケットモンスターアドバンスジェネレーションより、コータス。中の人は三木眞一郎さん。



コータスはwikiで見ました。
え、そうだったんや……!と、目を見開きました。

ムラクモ機関の主力部隊十三班の休日4

まさかの四作目です。
多分誰も待ってないですね。




























「…………」カタカタカタカタ

「けーいーまーくーん!!!」

「ぐほぁっ!?」

「どうしたケイマくん!
 元気が無いわよ!」

「ふがふが……!(はなれろー!)」

「?」むぎゅー

「む?ダリアさん、放してあげてください。
 ケイマが苦しんでいる」

「ほわっとぉ!?
 ご、ごめんねケイマくん!大丈夫だった?」

「ぷはっ……はぁ……はぁ……!
 こ、殺されるかと思った……!!」

「だらしないぞケイマよ。
 日々の鍛錬を怠るからそういう事になる」

「僕はな、メダカ。
 お前みたいに完璧超人じゃない。
 確かに僕は神だが、それはゲームでの話だ。
 肉体労働は好みじゃない。
 だからこそ僕はお前たちの後ろでハッキングだけしてるんだろうが」

「む、そうか……お前は昔から運動は出来なかったからな」

「むー、二人とも私の事忘れてない?」

「あぁ、すみませんダリアさん」

「ま、いいけどね~♪
 あ、そうだケイマ君!そのPFP、私の好きな色に塗っていい?」

「どうせ虹だろ」

「その通り!
 よく気付いたわね!!
 そんなケイマ君にはこの天才芸術家のダリアが、PFPの色をレインボ~!!にしてあ・げ・る♪」

「やめてくれ……これで虹色にされたのは何台目か数えるのも嫌になって来たぞ……」

「ふっ、まぁいいじゃないか。
 敵も虹色に染めてくれる事だし。
 ちゃんと仕事はしてくれている。
 趣味に走るのも大いに結構!!
 存分に虹色に染め上げるがいい!!」

「オッケー!!
 じゃあちょっと自衛隊染めてくるねー!」

「あ、おいコラ!!」

『レインボ~!!!』

「あーあ……いっちゃったよ……。
 おい、メダカ。
 お前の“完成(ジエンド)”でなんとかならないのか?」

「私のスキルは“真似る”ことだ。
 むしろ逆効果であろうさ」

「はぁ……そういえば、こないだタケハヤ達もあいつの被害にあってたぞ……」

「あぁ、そういえばそんなこともあったなぁ。
 はっはっは!元気が良いじゃないか」

「それじゃ済まないだろアイツ……」

 レインボ~!!!

 う、うわああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!

「おい、早速被害者だ!!」

「私は少し休む」

「メダカお前……!
 くそっ!なんで僕が!ダリアぁぁぁっ!!!」
































メダカ………めだかボックスより。皆様お待ちかね完全無敵の生徒会長“黒神めだか”さん。ボイスはアニメ版で豊崎愛生さん。

ケイマ………神のみぞ知るセカイより。もちろんあの方そっちの道の覇者にして落とし神。ギャルゲは僕に任せろ!桂木桂馬くん。ボイスは下野鉱さん。

ダリア………ルーンファクトリー3より。あれもこれもレインボ~!!ハンマーで絵が書けるエルフのお姉さん。ダリアさん。ボイスは堀江由衣さん。








今回はとりあえず解説をいれてみました。
これからもちょくちょく自己満で書いて行こうかなぁと思う感じのニュアンスを漂わせてますので、もし気に入っていただけたのでしたらよろしくお願いいたします。

ムラクモ機関の主力部隊十三班の休日3

「つくづく、俺はなぜこの世界で生き残れているのか不思議でしょうがない。」

「そりゃ、あんたに何かしらの才能があったからでしょうが?」

「いや、全くと言っていいほど俺は一般人だ。」

「一般人でもいいじゃないか。
 私なんか……最近キリノに「キミは本当に女子高校生だったのかい?」……と……。
 た、確かに中学時代はやんちゃしていたが、それでも私は女の子なんだぞ……。」

「そりゃあ、ドラゴンに向かって1000コンボの連蹴りを放つデストロイヤーなんて聞いたこと無いわよ……。」

「いや、お前も十分にヤバい。
 何?超電磁砲?そんなん食らったらドラゴンも心臓に穴くらい開く。」

「食らってみたい?」

「遠慮しておきます……。」

「確かに私はちょっと過剰な能力かもしれないが、それでも女の子なのに……。」

「いや、っていうか十分にトモヨは女の子らしいぞ?
 料理も上手だしな。」

「ほ、本当か?
 嘘じゃないよな?
 トモヤ。」

「勿論。」ナデナデ

「……うん、そうだな。
 ふふふ……もう気にしない。」

バチッバチバチ

「ミコト、ビリビリするなら他でやってくれないか……死ぬから。
 俺、一般人だからさ。」

「そ、そんなことしないわよ!
 ただ……その……あの……。」

「……あぁ。
 はいはい、いい子いい子。」ナデナデ

「……ふぇっ!?
 あの、ちょ……ま、まぁ、許してあげる!」









「で、本題はどうなった俺……。」

「いいじゃないか。
 私がトモヤを守ってやるからな。」

「あ、あの……その……わ、私も守ってやらない事も……お、同じ班だし!
 仲間に死なれたりするのは……その……ね、寝覚めが悪いし!!
 うん!そうなのよ!」

「……はぁ……スノハラ……俺、生きて帰れるかなぁ……。
 お前の馬鹿面に蹴り入れたくなってきたよ……。」







『あんた無茶苦茶ッスねっ!?』

ムラクモ機関の主力部隊十三班の休日2

「なあ、どうして俺はこんなことになってるんでせうか?」

「え?
嫌……かな?」

「いやいや、嫌ではないんですがね?
同じ班とはいえ、貴方のような美少女が何故わたくしめのような平凡なデストロイヤーの腕を抱きしめていらっしゃるので?」

「理由がなきゃ、抱きしめちゃだめ?」

「いや、そういう訳じゃ……。」

「あはは、それに、あなたは全然平凡じゃないの。
この右手で何回も私達を助けてくれたの。」

「いや、正直でしゃばった感アリアリでしたけども……。
銃弾一発一発が馬鹿みたいな威力の魔力弾で、
しまいにゃぶっといレーザーみたいなのまで出すトリックスター様に対して失礼だったかな……って。」

「何言ってるの?
貴方がその右手でドラゴンのサンダーブレスをかき消してくれなかったら私達は墜ちてたかもしれないんだよ?」

「あれは俺に出来ることを精一杯やっただけでだな……。」

「……何をしてるの?」

「あ、ユキちゃん!
おかえり!」

「お、おう!
さ、さーて、俺も風呂に……。」

「行っちゃ駄目。」ギユッ

「……な、なんででせうか?」

「……私は……?」

「ユキちゃんもトウマくんにお礼したいよね?」

「お礼……?
……どうすれば彼は喜ぶ?」

「ちょ!する気満々かよ!
ってぇ!身体が動かん……!」

「あなたの首から下を動けなくした。
ハッカーの私なら……それくらいは可能。」

「ナイスだよユキちゃん!
さ、トウマくん!
一緒にお風呂入ろうか?」

「ナノハ、私も一緒に。」

「ちょ!お前ら!待てって!
あそこは大衆浴場だぞ!」

「すでに番台には許可を取ってある。
そして、浴場をハッキングして閉鎖空間を作った。
これで、私達以外の人間は出入り出来ない。」

「偉く準備万端ですねっ!?
ってナノハ!
腕をバインドで拘束すんな!」

「念には念を入れないとね♪
さ、ユキちゃん!
行こう!」

「……トウマ……私のような幼児体型では満足できないかもしれないけど……出来るだけ努力する。」

「ちょ!引きずんな!
ナガト!タカマチ!
ふ、不幸だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
プロフィール

めたるみーと。

Author:めたるみーと。
アニメやゲームのキャラを自分の子供に勝手に認定するめたるみーと。(フリーター)です。
嫁?なにそれおいしいの?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。