FC2ブログ

続・ボス会議

「……ちわ」

「あ、どうもどうも」

「遅いぞウーパー。
 何してた?」

「ん、ちょっとモンスターと遊んでた……」

「それはそれはwwwwwなかなかいいですなwwwww
 うちのモンスターたちは少々気性が荒いのでwwwww」

「僕のところ、みんな穏やか……」

「俺のところも結構穏やかだな。
 たまに枝は折るが」

「私のところはチンピラが多くて……まぁ、そのチンピラ共束ねてるのが私なんですが」

「さて、雑談はここまでにして、始めようぜ」

「そうですね。
 では、第二十八回ボス会議を始めていきます」

「今回の会議には、ゲストが来ています」

「おー……」

「おやwwwwゲストとはいずこに?wwwww」

「ではご紹介しましょう。
 遺跡からおこしのグレーターデーモンさん、キメラさん、ゴーレムさん、ドラゴンさんです」

「ちーっすwwww」

「どうもどうもー」

「…………」

「失礼」

「わお、そうそうたる顔ぶれじゃねーか」

「いやはやまったくwwww初見は苦労したと双子に言わせるだけありますなwwww」

「あぁ、そうだね。
 初見はね」

「やめてwwwwそこに触れないでwwwww」

「…………(´・ω・`)」

「あぁ、ゴーレム。
 気にしなくていいんだよ。
 あいつらが強すぎるのさ」

「その通りだ。
 なんせ龍である私ですら片手であしらわれてしますのだからな」

「四幻龍でもない限りはダメですかねやっぱり」

「……でも、フレクザィードが倒されたから……遺跡の封印が解けたんじゃなかったっけ……?」

「つまり、四幻龍でもダメ……と……」

「おいおい、会議が早速おシャカじゃねーか……」

「この八人で力を合わせればなんとかできると思ったのですがね。
 やはり無理ですかね?」

「今のあやつらには父親も加わっている。
 あの父親は、人の子の身でありながら龍を封じたこともある猛者よ。
 さらにはあの双子、日々すごろくとかいうもので異次元の存在と己の身を鍛えていることがわかっている」

「…………」コクコク

「まぁ、ゲーム画面で言うと、ステカンストだ」

「ワロスwwwwww勝てる見込みがwwwwwないwwwwww」

「でもここに来てしまうのは何故なんだ……」

「世界の強制力だろ……」

「…………っ!?」ウーウーウーウーウーウーウーウーウーウーウー!!!!!

「ゴーレム!?
 ま、まさか?」

「っ!!」キィィィィィィィインッ!!

「奴らが来るぞ!!!
 早く逃げろォォォォォォォォォォ!!!!!」

「ちょwwww急展開すぎだっつーのwwwww
 マジありえねぇwwwww」

「まったくでござるwwwww」

「おうちで……おさんぽ」

「さっさと退散するに限りますね」

「まったく会議の意味がなかったねぇ」

「ちょ、おいてくなって!!!」









































































「ねぇ、アルス!」

「ん?どうしたのアリア?」

「これ見て?」

「……アップルパイ?」

「あとリラックスティー。
 ほら、それとここにデッドツリーの枝」

「……もしかしてここでティータイムとか?」

「ぷっ、あはは。
 まさかぁ!
 デッドツリーが?」

「うーん……最近大人しくなってきたみたいだからちょっと様子見に来たんだけど……」

「パドバにもプレシアにもボスいなかったからここだと思ったのになぁ……」

「これどうしよう?」

「とりあえず枝は持って帰ろ?
 何か素材になるかも……」

「そうだね」















これが、3以降のデッドツリーの枝素材化のきっかけであることを、彼等はまだ知る由もなかった。
スポンサーサイト



ボス会議

第二十七回 ボス会議

「ウィース」

「おっす」

「いやぁ……今日も大変だった」

「まさか……今日も来た……の?」

「新しく武器が出来たから腕試しだとよ。
 ったく、こっちの身にもなってくれよ……一日ごとに始まりの森から呼ばれる俺達の身体はもうボドボドダァ!!」

「うはwwwwwオンドゥルと聞いてwwwww」

「お、そろったね。
 じゃあ始めようか」

「えー、では、第二十七回ボス会議を始めたいと思います」

「今回の議題は他でもないですね。
 アルス、アリアの両名のことです」

「本日もデッドツリーが犠牲になりました。
 さまざまな理由で我等ボス四人は狩られ狩られて幾数年」

「一体どうすればいいのか、そろそろ我等に安息はないのかというのが今回の議題です」

「もう二十七回もやってきたんだなぁ……こないだはクリスタルマンモスだっけ?」

「えぇwww拙者、レベルだけは高いのでwwwwwレベル上げと称して三日に渡って狩られましたぞwwww
 うはwwwwwテラ鬼畜wwww」

「ウーパードラゴンがまだ立ち回りに納得がいかないとかで追いかけ回された話はしたか?」

「あの時は……大変だった……」

「うはwwwww下手すると拙者よりも鬼畜wwwwバルスwww」

「僕達が……平和に……暮らすには……どうしたらいいかという話」

「っつーかよ、オクトパイレーツが一番被害あってねーよなーふこーへーだぜー」

「ちょっと遠いですからね、プレシア島は。
 彼らもちょっとめんどくさいんでしょう」

「まぁまぁwwwwそんな事言ったら我々とんでもなくオクパ殿に恨みつらみを吐いていく事になりますぞwwww
 穏便に穏便にwww」

「え?ちょっと待って下さい」

「じゃ、会議本格的に始めっぞ」

「いや、いやいや、ちょっと無視できないよ今の。
 何?私だけ干されてんの?この会議で私アウェイなの?」

「えー、いままでの駆逐回数を換算するとだ」

「聞けよ」

「ウーパードラゴンが百七十」

「立ち回りには……納得したみたい……」

「クリスタルマンモスが三百九十」

「レベル上げ要員乙wwwww」

「オクトパイレーツが九十二」

「あっ、二回余計!」

「で、俺が百二十と」

「サバ読みwwwwワロタwwww」

「嘘……つけ……」

「残念でした、バレバレです」

「くそっ!
 わーったよ!四百回はこえてますー!!!
 これでいいかコノヤロー!!」

「しかも後半から一発ですもの。
 というか、あなた4で起用されましたよね?」

「あぁ?うっせ!だまってろこのやろう!
 お前らだって3には出てんだろ!
 「素材美味しいですwww」とか言われてんだろ!」

「それってグリモアさんだけのような気が……まぁいいですけど」

「橋が……僕のテリトリーだったから……あそこは動きづらい……」

「拙者は少し狭く感じましたぞwwww」

「俺どんだけボコボコにされてんだよ……子供から大人にまで老若男女どの世代にも愛され狩られ続けたボスってか!!」

「お、なかなかいいキャッチフレーズ考えますね。
 それで行きますか」

「うはwwww拙者ポスターデザインするでござるwwww」

「僕……ダンジョンに貼っとく……」

「そうすれば、我々の被害も減るかもですね」

「おい!何考えてんだ!
 やめろ!頼むからやめてくれ!」

「じゃ、今日は解散で!」

「「了解wwww」……」

「きけえええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!」













































「?」

「どうしたのアリア?」

「アルス、これ……何だと思う?」

「ん?」







『子供から大人にまで老若男女どの世代にも愛され狩られ続けたボス……デッドツリー』
『知っていますか?
 デッドツリーのりんごが今、大変需要があるのです』
『やだ……私の葉っぱ、茂りすぎ?』











「……?」

「……?」

「「何だろうコレ……?」」




























何がしたかった?
知らん知らん。
プロフィール

めたるみーと。

Author:めたるみーと。
アニメやゲームのキャラを自分の子供に勝手に認定するめたるみーと。(フリーター)です。
嫁?なにそれおいしいの?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR