FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバム

きまぐれに卒アルみたんですよ。
俺メチャクチャキモかったww
ニヤニヤしやがって俺このやろうwww
スポンサーサイト

GHOS朋也 プロローグ

ことみは泣いていた。
それが普段なら杏もその妹の椋も、親友の渚も、
笑いながら元気付けてくれただろう。
しかし今回は勝手が違うのだ。
なぜなら・・・ことみの恋人である朋也が死んでしまったのだから。


GHOS朋也プロローグ


朋也とことみは高校卒業と共にことみの家で同棲を始めた。
朋也はまだ早いだろうと思ったが、

「朋也君は私を一人にするの・・・?」

と泣きながら言うので断れなかった。
ことみの家には父親や母親が残してくれたいわゆる遺産がまだあったので、
朋也もことみも十分に暮らせた。
しかし、

「これじゃヒモじゃねぇか・・・。」

そうおもった朋也は、高校時代に出会った芳野さんの元で、電気工をすることになった。
就職の際は、杏、椋、渚、ことみ、(あとついでに春原。)
が集まり、パーティを開いたりもした。
ことみはとても幸せだった。

ある夏の日である。
その日、日本は記録的な猛暑だった。

「お外は暑いから・・・これをもっていくの。」

そういってことみに渡された水筒入りの麦茶を持って朋也は出勤していった。


ことみは食器を洗っていた。
楽しそうに鼻歌を歌いながら。
が、ふいにいやな予感がした。その直後になる電話。
恐る恐る電話を取った。

「はい・・・一ノ瀬です。」
『おお・・・。
 ことみさん・・・。』

電話は朋也の父親の直幸からだった。
ちなみに2人はことみの家で同棲するに当たり、和解している。

「お義父さん・・・?
 どうしたの・・・?」
『・・・落ち着いて聞いてほしい。
 朋也が・・・。』

朋也に何か深刻な問題が起きたらしい。

「朋也くんになにかあったの・・・?」
『ああ・・・。
 朋也が・・・電柱から落ちて意識不明だそうだ・・・。』
「!!!??」
『今は隣町の病院に入院してい』ガチャン!

ことみは走り出した。
道路に着くと大急ぎでタクシーを拾った。


「朋也くん・・・。」

病室に着いた。
そこには変わり果てた大好きな人の姿。
顔には・・・白い布。

「ともやくん・・・とも・・・や・・・く・・・。」

病室の前には杏・椋・渚の三人の姿。

「と、ともや・・・?」
「おかざきくん・・・。」
「・・・おか・・・ざき・・・さ・・・。」
「ふぇ・・・ひっ・・・ともや・・・くん・・・ともやくん・・・!」

岡崎朋也21歳の出来事だった。


御通夜が終わった。
自分の奥さんが亡くなったときの経験からか、
直幸が傷心のことみにに変わり、通夜を取り仕切った。
杏たち三人はことみを何とかして元気付けようと、ほぼ強制的に居酒屋へ直行した。

その帰り。

「まさかあいつが死んじゃうなんてね・・・。」
「岡崎君・・・。」
「ひっ・・・おがざぎざん・・・。」
「みんな酔いすぎなの。
 ちょっとおうちで休んでいくといいの。」
「いいの?
 お邪魔しても・・・。」
「うん。
 朋也くんだってきっとそういうの。」
「でも・・・。」
「それに・・・朋也くんはずぅっと私の側で見守ってくれてるの。」
「・・・・・・じゃあ・・・お言葉に甘えるわね。」

ことみは三人を部屋に上げようと鍵を回す。
しかし・・・。

「あれれ?」
「ん?
 どうしたのことみ?」
「鍵がかかってないの・・・。
 ちゃんと閉めたはずなのに・・・。」
「へぇ・・・不審者?
 このあたしに喧嘩売ろうなんざ百年早いってこと思い知らせてあげようかしら?」

四人(内2人は三人は戦力外)はリビングへ近づいていった。
何故かテレビの音と、ジュージューと何かを焼く音が聞こえた。
そっとドアを開けていく。
そしてそっと中を覗き見る。






「ん?ああ、お帰りことみ。」






そこには、エプロン姿で料理をするちょっとすけた朋也が立っていた。

「お、杏。ってことは藤林と古河も一緒か。
 いらっしゃい。」

沈黙。
そりゃそうである。
死んだはずの人間が家でエプロンを装着してCooking!
しているのだから。

「あ、お前ら飯食ってく?」
「あ、あ、あ・・・。」
「え?どうした?杏。
 まるで鳩が反物質砲喰らったみたいな顔して。」

そんな顔、できるなら見てみたいものである。

「あんた・・・なんでここにいるのよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!???」
Σばたん!!
「Σきょ、杏!?」
「きゅう・・・。」
Σばたっ
「Σ藤林ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!
 どうしたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!??」
「あ・・・あんぱん・・・!」
Σばたり
「Σ古河ぁぁぁぁぁ!!?
 その癖まだ直ってなかったのかぁぁぁぁぁ!!??」

次々と倒れていく三人。
残ったことみ。
混乱したことみはこう呟いて倒れた。

「ここは私も倒れるのがセオリーなの・・・。」
Σばたん
「Σことみぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!?
 セオリーって何ぃぃぃぃぃぃぃ!!??」

死んだはずの恋人の声を聞きながら、ことみは意識を手放した。









なっげぇよ!!
もう途中からgdgdです。
即興で長編作っちゃった・・・///)
頑張るしかねぇ・・・。
コメント頂けるとうれしいです。

修羅修羅にしてあげる♪

人間の限界を越えて♪
私は斬ったんだよ♪
妖怪ついてきたけどそんなの関係ない♪

あのね早く私と殺り合おう♪
どうしたの『いきり立っちゃって……可愛い……♪』

貴方のこと修羅修羅にしてあげる♪
『その程度じゃまだ満足できないわ』
修羅修羅にしてあげるだからもっと♪
私を楽しませて~♪



まで造った。
なにが言いたいかというと、
修羅さん可愛い。
詳しくはソウルキャリバー4 修羅でggrks

キャラ崩壊にご注意くださいルンファF SS

台詞のみのうづき×ラグナだが大丈夫か?
大丈夫だ問題ない。って人だけドゾー。


うづき「ええ紅葉じゃのぅ。」

ラグナ「そうですね……とっても綺麗です。」

うづき「さて、弁当じゃが、いつもいつも同じ刺身じゃ飽きるだろうと思ってな?」

ラグナ「え?そんなことないですよ?
    とっても美味しいですようづきさんのお刺身。」

うづき「そ、そうか?
    いや、おいしいとかではなくてな。
    ……まあよい。
    ラグナ殿、目をつぶってたもれ。」

ラグナ「あ、はい。
    こうですか?」

うづき「う、うむ。
    そのまま目を開けるでないぞ?」

ラグナ「はい。」

うづき「で、では……はむっ///」

ラグナ(はむっ?)

うづき「んっ……///」ちゅっ

ラグナ「Σ!!!!!??」

うづき「ぷはっ……く、口移し……///
    ど、どうじゃったかのぅ……///」

ラグナ「えと……///
    甘かったです……(違う意味で……///)」

うづき「そ、そうか……///
    もしよければ……も、もう一回しても構わぬか?」

ラグナ「えっと……は、はい……///」

ソウル・徹・キャリバー

妹(仮名)ぺるーか
私(仮名)めたるみーと。

ぺるーか(以後ぺ)「ソウルキャリバーやんね?」
めたるみーと。(以後め)「またかよwwてかお前俺のユンスンにあんだけ負けてまだこりねーのかww」
ぺ「いやいやww今回はタワーやるんだってww」
め「キリクで?」
ぺ「キリクでw」

という会話がありました。
アシュロットちゃん可愛いよアシュロットちゃん。
タリムは中の人田村ゆかりだよ。
ヴォルドってよく見たらかっこいいよね?
あの動きといい志といい。
神斬触も可愛いよ。赤い髪大好きさ。
エイミも可愛いですわ。
ってか意外と可愛いの多いのねん。

桃鉄16

桃鉄16でまめ鬼いじめ中。
キング様の容赦の無さに感服した。
やべーよ借金二千三百億とかいってんのに壱兆円捨てやがったよ。
しかもご丁寧にカード袋をデビルのみにしてから。
キングデビル三体デビル七体リトルデビル三体って鬼畜すぐるww
まめ鬼め徳政令カードが使えぬと嘆いておるわ!

ゴッドイーター

塾の先生から借りたゴッドイータープレイ中。
アリサかわええです。
でもなんかあれだ。
PSPのアナログスティック壊れて、
ほっとくと勝手に動くようになってるから動きづらい。
修理出すと金かかるしなぁ……。
このままでクリアしたらすごくないですかね。
がんばるか。

一人カラオケ

まずなにを歌うかによってテンションがきまる。
マジンガーZで最初盛り上げ、
そこからネタとしてやらないかを歌うというのもありか?
どうすべきか……。













という一人カラオケ。
男だけど女声もでるよ。

ソウルキャリバー4

エイミとティラが可愛いです。
しかしランダムバトルを妹と行ったところ、
女キャラに柴○理恵っぽい人が一杯ですww
メガネがそんなに好きか?
PS3よ……。
貴様はメガネっ娘萌えか?
柴田○恵ってメガネっ娘なの?
え?
男?
そりゃもうガッチガチの筋肉マンばっかです。
へのつっぱりはいらんですよ!

モンハン 自己流目当ての素材を出す方法

目的の素材が手に入らず、
何匹も何匹も同じモンスターを狩りまくる。
な~んてことはざらにあるよね。
でもこれをすれば大丈夫!(?)

キーワードは“ツンデレ”!
〈例※2ndG〉
「べ、べつに火竜の天鱗なんて欲しくないんだからねっ!///)」
と言ってみよう。
小声でもいいんだ。
そうすれば手に入る確率があがる!(気がする)
















(※注
 これは個人的な妄想及び偏見です。
 参考になるとは思わないでください。
 しかし、試してみると意外とでるかも?)

ジャンプ

あり?
ジャンプって発売延期?
地震め……。
めだかボックス楽しみにしてんねんぞ!!
本屋行っても一冊も並んでへんぞ!?

卒業式

本日、妹の卒業式。
私は家でのんびりしてますが。
このブログを見ているかもしれない貴方はわかっていただけるだろうか。
校長先生の話の長さ。
そして来賓の方々の話の長さ。
あのぐーたらな妹ならば寝るに違いない。
そうでなくとも一人一人壇上にあがって
卒業証書を受け取る中で流れてくる音楽。
その音楽が普通に子守歌っぽい。
私の卒業式のときは寝た。
そりゃ寝るさ。
やばいくらい優しいメロディなんだもん!
眠くなるんだもん!

初SS 主人はバカップル

私の名前はモココ。
モコモコというモンスターである。
ある農夫のいちご牛乳により、この農夫のペットとなった。
今日も御主人は畑仕事に励んでいる。

「ふっ!……よし。この位耕せばいいだろ。」

なかなか農夫歴は長いようだったので、たくさんのモンスターが暮らしているかと思ったのだが、
何故かモンスター小屋は空っぽであった。
あとで話してくれたのだが、実力が伴ってから仲間にしたかったようだ。
しかもこの御主人、なんと金色のモコモコに変身できるというではないか。
金色とは……突然変異のモコモコとのハーフなのだろうか。
御主人の名前はマイス。
金色の髪、そしてカチューシャをつけ、全体的にもこもこがついた服を着ている。

「もこもこ~?」

畑仕事も終わったようなので、疲れてないか聞く。

「あ、うん。
 大丈夫だよ。」

モコモコの言葉が人間に、しかも自分を飼っているものに通じるのは便利である。
餌が無くなったときなどに言えば足してくれるのだから。
まあ、畑は牧草で埋まっているし、無くなりようがないのだが……。
ふと気づくと、隣に赤い髪の女性が立っている。
女性は御主人の耳へ口を持っていくと、

「ふぅー。」
「Σうわあっ!」

耳に息を吹きかけた。
この女性の名はトゥーナ。
御主人の妻にして、御主人と同じモンスターとのハーフである。
燃えるような紅い髪が特徴の美しい女性だった。
モンスターの姿も拝見したが、あのようなモンスターは見たことがない。

「くすくす……。
 驚きすぎだよ……マイス……。
 ねぇモココ?」
「モコモコー。」
「トゥーナ……。
 またいつのまに……。」

そう、この耳に息を吹きかけるという行為。
昼に一回は私の目の前で行われるのである。
そして決まって……。

「悔しかったら……反撃してごらん。」
「は、反撃って……。」

と、こうなる。
そして次に……。

「じゃあ……。
 これでいこう。」(ちゅ)
「んっ…………。
 ふふ……。
 まだまだ足りないよ……?」
「じゃあ……もう一回。」(ちゅ)

こうなるのである。
私の御主人夫婦は……。
バカップルだ。

「もこー……。」

そのバカップルを横目に畑をみる。
ルーニーがふわふわういていた。

今日もこの町は平和である。








何が書きたかったか。
トゥーナとマイスをイチャイチャさせたかったけど失敗した?
初がこんなもので本当にすまないと思っている。

はじめまして

はじめまして。
めたるみーと。と申します。
略すときはめたみー。でお願いいたします。
本ブログに掲載されるであろうSSは二次創作であり、
キャラ崩壊などで気分を害される方はご退場ください。
では、よろしくお願いします。
プロフィール

めたるみーと。

Author:めたるみーと。
アニメやゲームのキャラを自分の子供に勝手に認定するめたるみーと。(フリーター)です。
嫁?なにそれおいしいの?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。