FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三十三話

次元航行艦アースラ艦内に、戦慄が走った。
それは、休暇中(実際は有給扱いであることを彼らは知らない。というかアースラを私用している時点で艦長及び執務官艦長代理は気付いているので現場待機のようなものであると上には説明している)の彼らを一気に現場の空気に戻すほどの衝撃であった。

「艦長!魔力反応です!」
「映像は?」
「今、海鳴市に待機させていたサーチャーを反応があった場所へ回しました。
 映像、出ます!」

艦内に大きなスクリーンが映し出される。
そこに見えるのは、破壊された結界。そして、炎を纏う白き閃光であった。
崩れゆく結界から現れたのは、赤いドレスのようなものを纏った鎚を持った少女と、身の丈の二倍ほどもある巨大剣を背負い、炎を身に纏う金髪の少女。

「何者だあの子たちは……」

クロノがその表情を歪ませながら独り呟いた。
魔力量、そして、散らばる白い焔が夜に幻想的な景色を作り出す。
しかし、その二人の表情は険しいものになっている。
それもその筈だ。彼女たちは執務官である彼を凌ぐ高速戦闘を繰り広げていたからだ。
さらにそこにエイミィの言葉が飛んだ。

「結界内になのはちゃんの反応を察知しました!
 衰弱しています!」
「なんだと!?」

クロノは驚愕した。
確かにあの少女はまだ魔導士となって数か月の素人であったが、持ち前の才能と魔力量、そして根性で、並大抵の相手には負けることすらないはずだ。
その彼女以上の相手が、この辺境の管理外世界に現れたというのだろうか。
だとしたら、この世界はなんてトラブルメーカーなのか。

「あ!?」
「今度はなんだぁ!」
「なのはちゃん、さらわれていきます」
「おォォォォォォォォォォォォォォイ!!!?」

どこいくねーん!と、とりあえず回収に向かわせた武装隊の声を背に、赤い少女はどこかに消え失せ、大剣の少女はなのはを担いでどこぞに飛んでいってしまった。
しかも、ありえないほどのスピードで。
あれほどのスピードではおそらく武装隊の中で追いつけるものはいないだろう。
いつでも出れるように待機しておけといっていろいろ準備していた隊の皆様の苦労が水の泡である。

「炎の翼に大剣の少女……赤いゴスロリドレス(?)のハンマー少女……どっちかでいいから探知できる?」
「赤い方はちょっと無理ですね。
 どうやら彼女、連続転移で行方をくらましています。
 おっきな剣の彼女は……ただ速いだけなので追尾は可能です」
「そう、じゃあ彼女を追ってちょうだい。
 なのはさんにもお話を聞きたいし……なにより彼女は異質の存在ね。
 転移しないところを見ると、この世界の住人のようだし……どうやってあの剣を手に入れたのか聞かなくちゃ」

リンディの経験上、あの剣はロストロギアに近いものがあると見ていた。
白い炎を発する純白の巨大剣。
恐らく、関わっているのは……。

「幽亜君、貴方なの……?」


武装隊は、既に少女を追跡し始めていた。
























―――――テスタロッサ家


「封鎖結界、かなりの威力の砲撃魔法、ベルカ式を使用する騎士甲冑らしきバリアジャケットを纏う少女たち、幽亜勇の失踪、管理局の介入、そしてアリサちゃんの魔道士化……」

プレシア・テスタロッサはモニターの前でぶつぶつと独り言をつぶやいていた。
モニターに映るのは数々の映像。
赤い少女の張った封鎖結界、それを貫く高町なのはのスターライトブレイカー、横たわる緑衣の少女と狼、桃色の髪をもつ騎士、管理局の武装局員、そして、プレシアの娘が以前に遊んだことのある少女、アリサ・バニングスが巨大剣と高町なのはを担いで飛んでいく姿。
傍らに控えるリニスもであるが、プレシアは心配そうに見ていた。
彼女は、大魔導師と謳われるその能力を遺憾無く発揮し、無数のサーチャーを街中にばら撒いていた。
どうにも、きな臭い匂いがこの街に漂っている。そう感じたからである。
そして、それがおよそ現実のものとなってしまった。
その結果が今現在街で起こっていること。
高町なのはを襲撃するベルカの騎士らしき少女。
現在お隣で生活しているはずのユーノ・スクライアを襲った二人組の男女。
プレシアの情報によれば、昨今次元世界で魔法生物が襲われる事件が起こっているという。
彼女たちは、それに関わりがある。そして、幽亜勇にも。
それが、プレシアの見解だった。

「フェイトやアリシアにその手が及んでないというのが幸いね……」

本来であれば、城からの転移時に膨大な魔力を発したプレシアの方に矛先が向くことになるだろう。
だが、彼女らはそれをしなかった。ということは、自分を後回しにしているのか、それともただ厄介な存在としてみているのか。

「あの子は本当にどんな存在なのかしら」

彼女は幽亜勇に感謝を覚えると共に、怪訝な目を向けていた。
ひとつ、彼ほどの年齢の少年が、何故一人暮らしなどしているのか。
ふたつ、およそ人間ではありえない彼に内包される魔力量。
みっつ、その年齢では考えられない思考能力。
よっつ、常識では考えられないほどのレアスキルの多さ。
だが、そんな中でも二つほど気になることがあった。

それは、彼のデバイスと、彼の好かれ具合である。

彼のデバイス“アビス”と“イモータル”。
黒と紅の眼球のような耳飾り方のインテリジェントデバイスであるが、その機能は多岐にわたる。
独自で使用者の魔力を使用し、インプットされている魔法を放つ。そして食べたものをデバイスの中に存在する変換機構で魔力に変換する、所謂魔力のカートリッジをデバイス内の圧縮領域に保持。魔力を必要としないその変形、いや、変態と言うべきだろうか。双眼鏡から、日用品にいたるまで、ありとあらゆるものに変化する能力。
そしてなによりも、その人間臭さが一番の疑問であった。
本来、インテリジェントデバイスが彼らのように人間味を帯びた性格などが形成されるのには、持ち主との長い触れ合いと、時間。そして経験が必要なのである。
それを加味したとして、彼のデバイスは異常なまでに人間のような振る舞いをするのだ。
彼のデバイスの調整を、ほんの少しであるが任されたプレシアはその異常性を理解していた。

次に、彼のその好かれ具合。
アリサによれば、彼は同じ塾の生徒だったらしい。
それから、学校にはあまり来ず、塾にも時々来る程度だったらしい。
だが、そのクラスの生徒にはそこそこに一目置かれていた。
理由は、全くわからない。彼の得意教科の家庭科での料理スキルがあったとしても、そもそもの話学校に来ない人間をどうやって好いたらよいのだろう?
だが、それが実際に出来ている。彼はクラス内においてそこそこの評価を得ることに成功している。

「アリシアを治してくれたことには感謝してる……フェイトの友達であることも理解してる……。
 でも……」

幽亜勇は、一体何者で、何が目的で、そしてどんな存在なのか。
彼女の心に、疑念が生まれつつあった。













「ん?
 どうかしたん?」

「なんでもない?
 そう?そんならええんやけど……」

「みんな帰ってけえへんなぁ」

「……へへ、慰めてくれるん?」

「大丈夫、なんも心配しとらんよ」

「勇君も、みんなも、すぐに帰ってくるよ」

「だから私たちは待ってよ?」

――――な?闇の書?


闇の書は、ただ主の膝の上で待ち続ける。
魔力が貯まる時を。主の覚醒の時を。


























まぁつまるところ繋ぎ回ですね。
苦し紛れにこんなん書きました。

あ、そういえば私のこの小説の目次的なところにいっぱい拍手くれてありがとうございます。
35回とかきてました。
序盤を見返してみるとすごいですねこの作品。
いやーすごいなー。何がすごいって文章量がね。
一話とか二話とかすげえ少ないっすよ。
まぁここまで文章量多かった話なんてないですけど……。
しかも雰囲気がもう変わりすぎ!主人公がいないとこんなもんですかね?

いつになったら終わるかなぁ。
当分終わりそうもないですね。でも頑張りますよ!
スポンサーサイト

第七話 ファミレスに行ったら中学生が絡まれてたゾ(ホモは嘘つき)

「何にする?」
「そうだな……ゴーヤとエスカルゴの地獄ラザニアなんて良さそうだなぁ……」
「すっげぇ名前……エスカルゴなんて高級食材じゃなかったの?」
「そこんところ、どうなんだろうな……ここのファミレス謎メニュー多いし……」

夏休みの前日。
基本自炊の俺たち上条トゥレイトコンビは、ファミレス“ジョナガーデン”で外食をすることにした。
なぜかというと、なんかこう、たまにあるやん外食したい欲求が溢れ出るときが。

「っていうかさぁ……あれ、みこっちゃんじゃね?」
「見るな。
 あれは俺たちが作り出した悪夢のひとつに違いない」

だいぶ厳しい事を言う上条さん。
そこには、だいぶ媚を売ったような声で不良らしき人に話しかける彼女。

「上条、いい加減現実を見ろ。
 あれはどう考えてもお前に、そして俺に喧嘩をふっかけたあの子だよ」
「っていうか、あれどうなってんの……なんであんな声だしてんの。
 何?ビリビリお嬢様じゃないの?
 童貞の夢と希望がブレイクしそうなんだけど」
「いや、まてまて。
 ほら、もしかしたら釣りってことも考えられるじゃん。
 あの子“風紀委員”とも繋がってるし……」
「あ、そういやそうだっけ……」

不良は下卑た目で彼女を見ている。
めっちゃひくついてる笑顔を見て、彼らはなんも思わんのだろうか。
あぁ、多分見えてないのだろうか。

「もしくは見えてるのに見えていないふりをしている……?」
「何ぶつくさいってんだお前……あ、移動するぞあいつら……」
「追いかけてみる?」
「あのスキルアウトたち、やばい目にあいそうだしなぁ……どうしよう。
 でも、俺電撃くらいたくないし……追いかけられるのももう懲り懲りなんだけど……」





























「来ちゃった(はあと)」

どうも路地裏でお話し合いでもするようです。

「っていうか、結構数いるなぁ……大丈夫だとは思うけど、一応飛び降りる用意しとくか……」
「上条さん、君一応一般人なんだからさぁ……そういう人外じみたことは……」
「え?普通だろ?」

現在、ビルの屋上からみこっちゃんとその他を観察しています。
五階はあるこのビルから飛び降りるとか正気かこの人。
この世界の上条さんはどこか非常識で理不尽だなぁ……俺のせい?

「あ、電撃だした」
「終わったな……ってあれ?
 なんかジャージ着たお姉さんがよって来てるけど……あ、結構可愛い」

結構可愛い感じの姉御肌の女性。
何やら電撃で昏倒させられた奴らの頭のようだ。

「うーん……あれは……まずいかな?」

そういうと、俺は右目に装着したそれで確立を図る。
こいつは当然俺の能力。
“全手切札”(ザ・ジョーカー)が一枚“クラブの4”“天秤鏡”(ライブラスキャナー)。
ぱっと見ただのモノクルである。紳士的な金縁のモノクルのグラスの中に、文字が浮かび上がるのだ。
能力は対象の人物に起こる事象の確率を調べること。
例えば、今俺の眼にはみこっちゃんとジャージの女性がうつっているわけだが……ほい。


挑発に乗ってめっちゃすごい雷落として電化製品壊れる確立 99.2%
二人とも服が突然脱げる確率 0.8%

な?
いや、まて。これおかしいだろ。
なんでそんな確率があるんだよ。

「このままじゃ上条さんちの冷蔵庫クラッシュするぞ」
「何それ!?
 どんな確率事象!?」

起こるものはしょうがない。
まぁ、止めに入るかね。

「上条、本当に大丈夫?」
「問題ないぞ。
 行くぜラグナ!俺の食材たちのために!」

そういって飛び降りる上条を追って、俺も飛ぶ。
本当に大丈夫なのかよ……。

「そこまでだ!
 俺の食卓事情により、この喧嘩!
 この上条当麻があずかる!」
「いや、わけわからん」

無事に着地。
いや、ホントこの人訳が分からん。

「はぁ!?
 おま、どっから出てきやがった!」
「勿論屋上からだ!」
「あ、アンタなんでこんなとこにいんのよ!?」

各々の反応は驚愕一色。
まぁそりゃあそうだろ。
こんなんが突然現れたんだから。

「普通にこのビルの屋上から飛び降りてきた!!」
「全然普通じゃねえじゃねえか!」
「え?この程度みんなできるだろ?
 ラグナできるもんな?」
「え?う、う~ん……まぁ確かにできないことはないg「じゃあできるじゃん!」」

もしかしてこの異常な基準。俺?
俺と一般人比べるのやめろよ……。

「つーわけでここは俺たちでやらせてもらうぜ!」
「まぁ、うちの冷蔵庫もクラッシュしたら嫌だしねぇ」
「ハァ?」

電気ビリビリさせながら彼女はにごっと笑う。
うん、これはもうダメだね。

「上条君」
「サー!」
「ちょ、ちょっとぉっ!?」

上条が彼女をしっかりと右手で捕まえる。
何故かその捕まえる手は彼女の左手だったりする。
何仲良さげに手ぇつないでんだ!

「で、やるかいお嬢さん。
 言っとくけど、俺は強いよ」
「へっ!よくわからねーが、お前ら全員ボコボコにしてそこに寝てる馬鹿どもの落とし前つけさせてもらうぜ!」

あ、そういう趣旨だったんだ。
まぁいいけどさ。

「どっからでもかかってくるといい。
 終わったらさっさと帰って今日の行いを反省し、このスモッグを着るといい。
 この黄色の帽子も忘れるな。名札は平仮名で書くかめちゃくちゃ綺麗に漢字、平仮名のどちらかだ。
 呼びは“せんせえ”か“おじちゃん”、もしくは“おとうさん”“パパ”のどれかにするとなおグッドd「長いわ!」おっとと」

俺のこだわりを、どこからともなく出した現物のスモッグ(レディース用Mサイズ)を見せながら話していたら止められてしまった。
どうもこの少女はコンクリートを操る能力があるようだ。

「どっからそんなくだらねえもん出したかしらねえが!
 アタシの“表層融解(フラックスコート)”の前に沈みな!」

どうもこの俺をこのままコンクリ詰めにするらしい。
発想が893だよぉ……ふぇえ……。

「ま、俺の能力の前では無意味だ」

そう言って、俺は一枚のカードを切る。
俺のオリジナルイラストのうちの一つ。
ダイヤの5に当てはまる切札。

「“俺の両手は森羅万象(スピリチュアルハンド)”」

地鳴りが響く。
この世の中のありとあらゆる物質という物質を、俺の手の動きとリンクさせる能力。
それによって、俺は自分の足にまとわりつくコンクリートは俺の制御下になった。

「……は?」
「そう驚くなよ。
 自分だけがコンクリを操れると思ってたのか?
 甘いねえ……。」
「ど、どういうことだ!?
 ア、アタシの能力が……!
 なんで!?レベルアッパーで、さらに強くなったはずなのに!!」
「ほうほう、君もレベルアッパー使用者か……。
 つまり、第三位はその調査に来てたわけだ。
 熱心だねぇ。風紀委員でもないのに」

さて、そんなことはどうでもいいのだ。
俺の足元から、二本の手が現れる。
気分は巨岩掌を操る某バリアン。
そのコンクリートの掌は俺の両手の動きとリンクしている。

「そんなもんを操ろうと足掻いても、その程度では無理だ。俺の“森羅万象”の前に沈み、ランドセルかスモッグか選べ」
「だ、ダメだ姉御!あいつ守備範囲広すぎだよぉ!!」
「ええい!うろたえるな!スキルアウトはうろたえない!!
 落ち着いてアイツに差し出すランドセル姿の幼女を探せ!」
「アンタらが落ち着け!」

この人たちなんか面白いんだけど。
でも、そろそろ終わらせんと後ろからすごい視線を感じる。
確認しようとは思えないが、とりあえずさっさと終わらせよう。

「ほいっ」
「キャアアアアアアアアッ!!?」

空気と俺の腕をリンクさせ、お嬢ちゃんの足をもって釣り上げる。
とりあえずスカートじゃないしパンツが見えることもあるまい。

「ははは、どうだー。
 まいったかぁい?」
「知るかコノヤロ!
 クソッ!下ろしやがれぇ!!」
「ふははははははははっ!
 お腹が見えてしまっているぞぉ!!
 ヘソを突いてやろうか!?」
「変態だぁあああああああああああああああああああっ!!?
 たす、助けてくれええええええええええええええええっ!!!!」

ふあっは!!叫んでも無駄無駄無駄無駄ァ!!

「森羅万象を俺の手の動きとリンクさせる能力。
 この能力によって操作できる範囲は自由に設定できる……つまり、右腕は巨大なままこうお嬢ちゃんを握り……」
「ひ、ひぃぃぃぃぃっ!!?」
「このように右腕の一部を透過して左腕で嬢ちゃんの体を触ることすら可能!!
 ただし触っているという感触は俺にはない……何故だっ!!」
「しるかあああああああああああああああああああ!!!!」

ンッン~♪叫び声が実に心地よい!!
どれ、もうちょいとばかしいじくりまわして……

「やめんか」
「おごっ」

上条くんに殴られた。
何故じゃ。





























「ちくしょう……絶対許さねえからな……」
「よしよし……」

何故レベルアッパーを使った彼女じゃなくて俺が縛られてるんですかね……。

「で、レベルアッパーの情報を教えてくれない?
 私たち、それを追ってるのよ」
「あぁ、アタシがこれ以上辱められるのを止めてくれたこともあるし、別に構やしねえよ。
 どうせあんたらにこうして囲まれてる時点でアタシらも負けてるに等しいしね」

そう言って、彼女はおとなしく両手を挙げて降参の意を示す。
後ろにいる手下どもも、どうやら素直に負けてくれるようだ。
よかったよかった。

「ついでに俺の縄解いてくれ頼む。
 ちょっと興奮しすぎただけだから。おとなしくしてるから。
 お願いします」
「もうしばらくそこでおとなしくしてろ」
「もう遅いぜ!!」

ぱらっ。と俺を縛っていた縄が解かれる。
もちろん自力である。

「この暴走機関車は……」
「ふは、何を言う上条君。
 いや、縄の食い込み具合も中々にエクスタシーだった。
 だが、僕にはMっ気が少ないので今度は女の子を縛らせてね」
「やらせるかよ!」

なんだよ。ちぇっ。
どっかに可愛いM気質の女の子がいないものかしらね。

「で?レベルアッパーってのは実際なんなの?」
「理屈は知らねえけど、音楽ファイルだよ。
 聞けば、レベルが上がる。そんだけしか知らねえ」
「ふーん」

そう言って俺は音楽プレイヤーを再生させてイヤホンを耳に突っ込んだ。

『あ』
「うっ」

薄れゆく意識。
その奥に、なんか白い髪の女の子が見えた?
眼帯してるー……あははー……。

「ちょ、ラグナお前しっかりしろ!」
「アンタ何考えてるのよ!?
 んな得体の知れないもの聞くんじゃないわよ!」
「ほら、ぺってしなさい!ぺって!!」
「アンタはアンタでおかんか!?」

いい夫婦漫才ですね。
あ、もうダメ。なんか眠いわ。
おやすみ……。


















根性で書きましたが急いでいたもので元から低クオなのがさらにゴミ以下に……。
ちくしょうめ。おのれゴルゴム!

モリンフェン様デッキ

どうも。先日自演をぶちかましたものです。

どうにもこうにもアイデアが出ず、息抜きにADSで作ったモリンフェン様のデッキをご紹介します。
とある動画を見た時からもう作りたくてたまらなかったんですよ。

Baidu IME_2015-11-15_6-9-45

モンスター 18枚

モリンフェン様 3
地を這うドラゴン 2
開闢 1
トフェニドラゴン 2
シャドール・ビースト 2
ヘルウェイ・パトロール 1
終末の騎士 1
カオス・エンド・マスター 3
ジャイアント・ウイルス 3


魔法 11枚

一時休戦 1
貪欲な壺 1
死者蘇生 1
思い出のブランコ 3
サイクロン 2
魔導師の力 1
フォース 2


罠 11枚

奈落の落とし穴 1
ミラフォ 1
魔法の筒 1
ブレイクスルー 1
強制脱出装置 2
DNA改造手術 1
リビデ 2
神宣 1
神警 1


エクストラ 15枚

トリシューラ 1
ブラッド・メフィスト 2
ブラックローズ 1
閃珖竜スターダスト 1
クリアウイング 1
FA-クリスタル・ゼロ・ランサー 1
サイドラ∞ 1
ティラス 1
アドレウス 1
ヴォルカザウルス 1
シャークフォートレス 1
サイドラノヴァ 1
フリーザードン 1
ガチガチガンテツ 1




デッキ的には別になんでもいいんです。
まぁトフェニ出すでしょ?そいつを生贄にモリンフェン様、デッキから地を這う→エクシーズ……でもいいし。
カオスエンドフォース殴り殺してモリンフェン様1550の無慈悲なダメージ叩き込んでシンクロもよし。
余った光闇を除外して開闢ふおおおおおおおおおおおおでもいい。
純粋にモリンフェン様で殴りたいなら魔導師の力を増やすといいかもしれませんね。
ジャイアントウイルスは壁です。
DNA改造手術とノヴァインフィニティはネタです。

最近何も思いつきません

ひと月悩んで、ようやく投稿した記事がこれです。
何も書けない。
書けないにも程があるんですが……。
頭がやばいですねぇ……皆様のSSやら小説やらを読むのが楽しくて止まらねえ。
FF14もできないし、クローザーズとかも始めちゃったし……え?サボってるだけだって?

俺がどうやってSS書くのをサボってるって証拠だよ?(ブロント感)
プロフィール

めたるみーと。

Author:めたるみーと。
アニメやゲームのキャラを自分の子供に勝手に認定するめたるみーと。(フリーター)です。
嫁?なにそれおいしいの?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。