FC2ブログ

とある神喰の日常風景

case1

「うっす」

「おっす」

「暇か?」

「見てわからんか」ぐでーん

「いや、そりゃあな……ここロビーだぞ。
 ロビーでそんなだらけたカッコ見せてんじゃねえよ。
 お前隊長だろうが」

「隊長がだらけてはいけないと誰が決めた。
 えぇ?お前か?ソーマ」

「だからちげぇっての。
 もっと模範的に……いや、お前に説教たれても無駄か……」

「そうそう、お互い長いんだから理解を深めてくれよ」

「はぁ……」

「で、何か用?」

「あぁ、新種のアラガミのヴィーナスの素材を取りに行くのを手伝って欲しくてな。
 ちょっと必要なんだ」

「女神像切り取ってもらえるならいいよー」

「お前、あんな趣味悪いもんどうする気だよ……」

「なんでかね?
 あいつら切り離しても意識があるみたいでさ。
 今、言葉教えてんの。
 しかも乾いたスポンジみたいにどんどん知識吸収していくから面白くて面白くて」

「……(こいつは今この世界の常識を覆すことを言っているのに気づいているのか……?)」

「友達作ってやるって約束したから、もう一個欲しいんだよね。
 で、いいよね?」

「(ま、いいか)」








結論:よくない


















case2

「暇ですか?」

「ちょー暇ー!」

「じゃあ隊長さん、私の射撃訓練n「あごめん急にミッション入ったから無理だわごめん今度埋め合わせするから」そ、そうですか……じゃ、しょうがないですね。
 任務頑張ってくださいね!お菓子作って待ってます!」

「(ほんと、カノンちゃん誤射さえなければ……)」












結論:僕にはご褒美by作者













case3

「任務~♪任務~♪
 第二部隊、任務~♪」(魔法使い○リーの曲調で)

「タツミさん、なんか機嫌よくね?
 なんかあったの?」

「なんでも、ヒバリさんにデートを申し込んだら、OKをもらったらしい」

「それ本当かブレンダン!?
 デマじゃねぇだろうな!!」

「まぁ、ぶっちゃけ服買いに行くのに手伝って欲しいとか聞いたがな。
 居住区の服屋にでもいくんだろう」

「そういえば、こないだヒバリが主人公の服の好みを聞いてたわね。
 もしかして、そr「ば、馬鹿野郎!それ以上はいけない!」」

「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン
 ヒバリちゃんの好みの男にな~れ♪」

『(´;ω;`)ブワッ』
















結論:「おいこら、俺の出番どこだよ!」シュンぼっち

















アリサも出したいけど深夜テンションで学校行かなきゃなんで切る!
SSと言えるのかはおいといて。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

めたるみーと。

Author:めたるみーと。
アニメやゲームのキャラを自分の子供に勝手に認定するめたるみーと。(フリーター)です。
嫁?なにそれおいしいの?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR